病院概要

名称

社会医療法人 緑壮会 金田病院

所在地

〒719-3193 岡山県真庭市西原63

電話

0867-52-1191

開院日

昭和26年7月18日

許可病床

172床(一般病床88床・地域包括ケア病床42床・医療療養病床42床)

診療科目

内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、血液・腫瘍内科、糖尿病内科、腎臓内科、脳神経内科、外科、心臓血管外科、消化器外科、乳腺外科、整形外科、脳神経外科、リウマチ科、皮膚科、泌尿器科、婦人科、眼科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科

看護体制

三交代制(2病棟)、二交代三交代併用制(1病棟)
7:1入院基本料
地域包括ケア病棟入院料1
療養病棟 入院基本料1

主たる医療装置

MRI(3テスラ)・64列マルチスライスCT・手術用顕微鏡装置・X線血管連続撮影装置(DSA)・マンモグラフィー・超音波診断装置・超音波骨評価装置・検査自動分析装置・ハイビジョン対応内視鏡システム・ハイビジョン対応内視鏡手術システム など

認定施設

  • 指定地方公共機関(新型インフルエンザ等対策特別措置法に規定する)
  • (公財)日本医療機能評価機構認定病院
  • 厚生労働省指定臨床研修病院
    (協力型:岡山大学病院、川崎医科大学総合医療センター、川崎医科大学附属川崎病院、国立病院機構 岡山医療センター、津山中央病院、上尾中央総合病院、岡山赤十字病院)
  • (公社) 日本人間ドック学会 人間ドック・健診施設機能評価認定病院
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設
  • 日本外科学会外科専門医制度修練施設
  • 日本脳神経外科学会指定・専門医訓練施設
  • 岡山県指定・政管検診実施施設及び胃精密検診実施施設
  • マンモグラフィ検診制度管理中央委員会認定検診施設
  • 日本静脈経腸栄養学会認定・NST稼働施設
  • 日本栄養療法推進協議会認定NST稼動施設
  • 救急病院指定
  • 胃・大腸がん・肺がん精密検診施設指定
  • 肝炎一次専門医療機関
  • 日本消化器病学会 関連施設
  • 日本消化器内視鏡学会指導施設
  • 日本脳卒中学会専門医認定制度研修教育病院
  • 日本内科学会認定医制度教育関連病院
  • 日本整形外科学会専門医制度研修施設
  • 薬学生長期実務実習受入施設

研修・実習の受け入れ先(実績)

従業員数

常勤医師13名
非常勤医師35名
薬剤師3名
薬剤科助手1名
保健師1名
看護師94名
(慢性呼吸器疾患看護認定看護師)1名
(皮膚・排泄ケア認定看護師)1名
准看護師7名
看護補助者24名
歯科衛生士1名
臨床検査技師8名
診療放射線技師8名
放射線科助手1名
理学療法士9名
作業療法士5名
言語聴覚士4名
リハビリテーション科助手1名
管理栄養士6名
栄養士 2名
調理師 11名
調理員3人
臨床工学技士4名
社会福祉士4名
診療情報管理士6名
管理部門24名
人間ドック健診 7名
施設係1名
夜警員3名
287名

(2020年6月1日現在)

管理責任者

理事長金田 道弘
病院長水島 孝明
副院長
外科部長
三村 卓司
院長補佐
脳神経外科部長
溝渕 雅之
内科部長海野 正俊
法人事務局長田澤 利政
事務長田中 聖隆
看護部長長尾 由美子
医療安全管理部長保科 英子
薬剤科長大佛 伸次
事務次長土井 仁平
事務次長山本 淳一
看護師長上山 京子
看護師長福島 弘子
看護師長山口 仁美
看護師長中西 直子
中央検査科技師長見村 典子
放射線科技師長北山 清士
リハビリテーション科室長丸山 謙二
栄養科長小椋 いずみ
臨床工学室長大嶋 勝
総務課長田中 聖隆
地域医療連携室長山本 淳一
人間ドック健診科長岡本 恵子
診療支援課長岡本 康江
医事課長土井 仁平
みどり訪問看護ステーション所長押目 有紀
居宅介護支援事業所みどり所長妹尾 佐知子

厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして届け出ている内容

基本診療料の施設基準

  • 機能強化加算
  • 一般病棟入院基本料(急性期一般入院料1)
  • 療養病棟入院基本料(療養病棟入院料1)
  • 救急医療管理加算
  • 超急性期脳卒中加算
  • 診療録管理体制加算1
  • 医師事務作業補助体制加算2
  • 急性期看護補助体制加算
  • 療養環境加算
  • 重症者等療養環境特別加算
  • 療養病棟療養環境加算1
  • 医療安全対策加算1
  • 感染防止対策加算2
  • 呼吸ケアチーム加算
  • 後発医薬品使用体制加算2
  • データ提出加算
  • 入退院支援加算
  • 認知症ケア加算3
  • せん妄ハイリスク患者ケア加算
  • 地域包括ケア病棟入院料(地域包括ケア病棟入院料1)

 (2020年7月1日現在)

厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして届け出ている内容

特掲診療料の施設基準

  • 喘息治療管理料
  • がん性疼痛緩和指導管理料
  • 糖尿病透析予防指導管理料
  • 夜間休日救急搬送医学管理料(救急搬送看護体制加算)
  • ニコチン依存症管理料
  • がん治療連携計画策定料
  • 肝炎インターフェロン治療計画料
  • 薬剤管理指導料
  • 医療機器安全管理料1
  • 別添1の「第14の2」の1の(3)に規定する在宅療養支援病院
  • 別添1の「第14の2」の1の(3)に規定する在宅療養実績加算1
  • 在宅時医学総合管理料及び施設入居時等医学総合管理料
  • 在宅患者訪問看護・指導料及び同一建物居住者訪問看護・指導料
  • 検体検査管理加算(Ⅱ)
  • 時間内歩行試験及びシャトルウォーキングテスト
  • 神経学的検査
  • 画像診断管理加算2
  • CT撮影及びMRI撮影
  • 外来化学療法加算1
  • 無菌製剤処理料
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • がん患者リハビリテーション料
  • 硬膜外自家血注入
  • 脳刺激装置埋込術(頭蓋内電極埋込術を含む)及び脳刺激装置交換術、脊髄刺激装置植込術及び脊髄刺激装置交換術
  • ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
  • 医科点数表第2章第10部手術の通則16に掲げる手術
  • 輸血管理料Ⅱ
  • 輸血適正使用加算
  • 人工肛門・人工膀胱増設術前処置加算
  • 胃瘻造設時嚥下機能評価加算

(2020年7月1日現在)

組織図

組織図