◆看護部の理念

 1.地域の皆さまに、あたたかく質の高い看護を提供します
 2.職員一人ひとりを大切にする職場環境を推進します

◆看護部基本方針

  • 真庭医療圏唯一のDPC対象病院として、救急対応できるように急性期、回復期、慢性期と院内連携を行います。
  • 専門職として自己研鑽に努め、暗線と質の保障ができる看護を提供していきます。
  • 他職種と協働してチーム医療を強化し、地域包括ケアシステムの推進に取り組みます。
  • 看護職・看護要員の負担軽減に向けて取り組みます。

看護部長あいさつ

看護部長・認定看護管理者 長尾 由美子

看護部長
認定看護管理者

長尾 由美子

当院は真庭医療圏で唯一のDPC対象病院であって、一般急性期病床、地域包括ケア病床、療養病床を併せ持つケアミックス病院です。少子高齢化を迎え、真庭の医療の危機感を共有し地域の医療・看護を守り持続可能な医療提供体制を築いていかなければいけません。その中で看護のやりがいを大切に、専門職としての技術の提供とやさしさを兼ね備えた看護職を目指し成長していける職場環境に取り組んでいます。

看護部就職案内

教育体制

“一人ひとりの成長を支援します”

看護職員が看護の専門職として常に最善のケアを提供するために、そして生涯にわたり自己の能力の開発・維持・向上に努めることができるように必要な知識と技術の向上を支援していきます。院内・院外の研修に参加できる体制を整えています。認定看護師の育成についても支援していきます。
新人研修においてはプリセプターシップを取り入れ、プリセプターを中心とした看護スタッフ一同が年間を通じて新人看護師をサポートできる体制を整えており、数年を通じての達成目標にしています。入職直後から集合研修を行ない不安や緊張の軽減を支援し、院内・院外での研修会にも参加できるようにサポートしていきます。

人材育成について

クリニカルラダーを導入し安心・安全な看護が提供できるように実践能力をアップし看護のやりがいを積み重ねていきます。
院内研修は時間内に実施し、院外研修も出張扱いで参加しています。

育児と両立できる病院

当院はDPC病院ですが、かかりつけ機能も併せ持つ地域に密着した病院です。手術は脳外科、外科、特に整形外科が多い病院です。内科も血液・腫瘍内科や糖尿病、呼吸器、消化器など専門の医師も居り、高齢の患者さんも多く、治療・看護・リハビリを行なっています。多職種特に医療ソーシャルワーカー、リハビリ、栄養科と連携をとり在宅支援・退院調整にも努めています。育児休暇復帰後は院内保育所(みどり保育園)もあり、勤務時間内にイベントにも参加可能で育児短時間勤務を取得しているスタッフも多く、子育てナースには安心して働ける病院です。

一般病棟

一般病棟は、DPC対象の主として急性期の患者さんを対象とした病棟です。
内科・外科・整形外科・脳神経外科と様々な患者さんが入院されます。
重症患者さんや手術前後の患者さんを受け入れる病床もあり、入退院や病棟移動も多い中、いろいろな疾患とその看護を学び実践できるとってもやりがいのある職場です。
また、入院早期から多職種と連携し情報交換やカンファレンスをしながら、スムーズな退院(転医・施設入所も含めて)に向けて取り組んでいます。
子育て世代のスタッフが多く勤務形態も人それぞれで、ワークライフバランスを考えながら働き続けられるようにみんなで協力し合っています。
私たちの笑顔と元気が患者さんの励みになるように、安全・安心な看護を提供できるようにスタッフ全員日々頑張っています!

療養病棟

2022年4月より、療養病床と地域包括ケア病床が合併した「療養病棟」となりました。
医療的ケアを必要とする慢性期から人生最終段階を迎えた患者さん、急性期を終え退院を目指す患者さんの継続治療やリハビリの援助など、多岐に渡る看護に取り組んでいます。
療養病床、地域包括ケア病床ともに在宅復帰に関わる援助を中心に、ケアカンファレンスや自宅訪問などコメディカルとの協働と方向性の統一を図っています。
日々の援助へも丁寧に取り組み、患者さんとご家族が安心して入院生活を送れるような看護に取り組んでいます。

外来

外来

金田病院の外来は、内科、外科、整形外科、脳外科(ほか11診療科あり)を中心に毎日240人前後の患者さんが受診されています。最初に患者さんを受け入れる場所であり、病院の医療や看護の質を印象付ける大切な場所です。一日に何人もの患者さんとお会いし、接する時間は短時間ですが、患者さんの状態を瞬時に観察し異常を察知し、安心して暮らしが継続できるよう、医師、他部署と連携し、治療がスムーズに行えるよう援助していきます。また、金田病院は救急室、内視鏡室、がん化学療法室があり、地域の皆様の安心安全な医療を提供できるよう専門性を高めていきます。お気づきの点がございましたら、遠慮なくお申し出ください。